女性

疲れた瞳に効果有りサプリ|眼精疲労を対策できるアイテム

治療を検討している方へ

漢方

こんな方におすすめ

更年期障害の治療法として、漢方治療は、HRT治療(ホルモン補充治療)とともに、効果が高いと注目されています。では、漢方治療はどのようなケースで有効なのでしょうか。確認してみましょう。まずは、HRT治療を行うことができないケースです。例えば、乳がんや子宮がん、血栓症の治療を行っている方、脳卒中や心筋梗塞の既往歴がある方は、HRT治療ができません。また、子宮筋腫や高血圧などの方は、投与の量を減らすなどの工夫が行われます。このような方は、漢方治療が効果を発揮します。また、HRT治療と漢方治療は、同時に行うことも可能です。体質改善に強い漢方治療も、同時並行して行いたいという方にもおすすめです。漢方の効果は、実に多様です。更年期の体のさまざまな不調に、同時に働きかけることができるため、大きなメリットがあります。

医師の処方を受けましょう

更年期障害で、漢方治療を行う場合、医師の処方を受けることをおすすめします。理由は、大きく2つ挙げられます。1点目は医療費を節約できる点です。医師の処方箋があれば、健康保険が活用できます。これにより、2割または3割の負担で済みます。また、更年期障害向けの漢方薬は、一定期間の継続服用が必要となります。したがって、大きな節約が可能となります。2点目には、安全を確保できる点です。まず、症状や体質に適した薬を処方してもらえることができます。更年期障害向けの漢方は、種類が豊富ですから、適切な選択をご自身で行うことは簡単ではありません。また、薬の正しい服用の仕方について、説明が行われます。さらには、服用する薬によっては、数ヶ月に1回というように、定期的に血圧や血液検査が行われます。副作用の可能性を抑えることが出来るのです。このように、漢方治療は、医師の処方があってこそ、効果を発揮するといっても過言ではありません。特に、初めて服用する方は、必ず医師の診断を受けましょう。